KAZURART 工房『阿無』

koubouamu.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 12日

桜の枝を使った 花籠

e0098611_17411098.jpg
 120x550x140
[PR]

by koubouamu | 2015-10-12 17:42 | 作品 | Comments(12)
Commented by s_hanaline at 2015-10-12 21:02
すごい、良いですね!
お花も枝も、のびのび!
何やら、初心に帰らなくちゃ、という気持ちになります。

↓網目が美しい作品ですね。
はみ出た蔓のラインが、好きです。
人型?に編んだものもありましたね。
阿無さんが、こういうものを創り始めたきっかけは、
何だったのでしょう?
いつかゆっくりお聞きしたいものです。
Commented by tanat6 at 2015-10-12 21:40
桜の枝に乱れ編み、野の花が似合って素敵ですね。

↓↓の魚と魚籠もamuさんの作品ですか?
面白いですね~
これ好きです。
Commented by andantesss at 2015-10-13 07:41
おはようございます
素敵な花籠ですね!
野の花が似合いますね~^^
私も魚の作品が好きです。
魚の口のような作品も面白いです♪
Commented by bibiママ at 2015-10-14 10:47 x
素敵な花篭ですね~♡♡♡
見てるだけで心なごみます(*^_^*)
Commented by koubouamu at 2015-10-14 20:17
s-hanalineさん、こんばんは。
お花は、お恥ずかしいです。
工房の裏の花を使いました。
上手に生けれたら籠も晴れるのですが!

網目の綺麗な作品は「未在」と付けました。まだ未熟だと言う意味です。
この作品を編み込むのが大変で途中で入院したぐらいです。
かずらの造形を作るようになったのは、話せば長いのですが難病になったのがきっかけです。
Commented by koubouamu at 2015-10-14 20:30
tahat6さん、こんばんは。
木の枝、中でも桜の枝を使った作品を作るのが好きです。
桜の枝は、林業の人から頂きますが、なかなか気に入った枝と出会えません。
この籠は、世界で一つの作品です。

魚は、鮭をイメージして作りました。
鮭は、お祝いに使う魚なので神に奉げる意味で祝詞「のりと」と付けました。
魚の口に見える籠は、「森の叫び」です。
Commented by koubouamu at 2015-10-14 20:44
andatesssさん、こんばんは。
ありがとうございます。
鮭は「祝詞」巨大で少しメタボになってしまいました。
魚の口のような作品は「森の叫び」グロテスクな作品です。
怖いと言われるお客様もいらっしゃいます。
Commented by koubouamu at 2015-10-14 20:56
bibiママさん、たぶん、、、さん、だと思いますが!?
ご無沙汰しております。
コメント、ありがとうございました。
工房へもどうぞ~。
Commented at 2015-10-15 10:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-10-16 15:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by koubouamu at 2015-10-16 17:11
10:55xさん、よろしくお願いします。
Commented by koubouamu at 2015-10-16 17:13
15:47xさん、おめでとうございます。
どうぞ~!お待ちしてます。


<<     かずら教室      長崎県立美術館     長崎現展 >>