KAZURART 工房『阿無』

koubouamu.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 15日

乱れ編みの花籠

e0098611_16561175.jpg
   台風が去ったあと 海に行くと面白い流木が流れ着いています。 花籠の柄に流木を使いました。      250x350x230
[PR]

by koubouamu | 2016-10-15 17:02 | 作品 | Comments(6)
Commented by s_hanaline at 2016-10-15 21:24
こんばんは!
良い、、味のある流木ですね。
こういうのも、出会いですね!
太平洋側より、日本海側の方が
流木が多いと聞いたことがあります。
そういえば、私は、こちらの海で流木に出会った事が
ないような、、、

寒くなりました!
Commented by tanat6 at 2016-10-16 09:41
秋草に優しく寄り添う素敵な籠ですね。
取っ手が なんともいい味わいです。

そちらは もう肌寒いのではないですか?
こちらも秋が深まってきました。
Commented by koubouamu at 2016-10-20 13:41
s_hanalineさん、こんにちは。
沢山の流木の中から縁があったのは、この流木だけでした。
良い素材がないと作れません。
流木が流れ着くのは、この季節だと聞きました。
長崎もだんだん寒くなりました。
もう暫くしたらかずら採りが始まります。
Commented by koubouamu at 2016-10-20 14:00
tanat6さん、こんにちは。
長崎も秋が深まってきました。
田舎では、稲刈りの真っ最中です。
暫くしたらかずら採りも始まります。
良い素材と出会えるといいですが!?
自然の素材は、すべて縁だと思っています。


Commented by nageire-fushe at 2016-11-05 20:04
ご無沙汰しております。
すっかりと晩秋ですね。
素晴らしい作品です。
大胆です。
Commented by koubouamu at 2016-11-10 11:09
nageire-fusheさん、ご無沙汰してます。
お褒め頂き、ありがとうございます。
秋も深まり そろそろかずら採りです。
山に入る前は 山にお神酒を上げて入ります。
だれから言われた事もなく何時の間にかお酒を上げるようになっていました。
山の恵みを頂きます。



<< 諫早市芸術文化連盟賞      果物籠 >>